クレジットカードのセルフバックは年会費にご注意を

「年会費」をチェック!

クレジットカードのセルフバック注意点

クレジットカードの申込のセルフバックで注意する点は、「年会費」ですね。

報酬額の高いクレジットカードは、「年会費」がかかることがあります。初年度は無料で、2年目からかかることもあります。

 

キャッシュバックの報酬が高いので、経費と考えて差し引けば、あまり気にならないかもしれませんが・・毎年のことですから、もしカードを使っていないならもったいないですよね。

気になる人は、年会費無料のクレジットカードを探して申し込むようにしてくださいね。

 

もしくは・・(怒られるかもしれないので、小さく書いておきますが・・^^;)

1年後までに解約するといいと思います。

 

ただし、すぐに解約するとキャッシュバックがもらえないので、解約はあせらずに。

(せっかくカードを作ったなら一度ぐらいは使ってみて、もし使い勝手がよかったら、レビュー記事を書けば、普通のアフィリエイトもできるかもしれませんので。)

 

◆クレジットのセルフバックなら始めやすい

クレジットカードは、たぶん1枚や2枚はお持ちだと思いますし、なじみがあるのでセルフバックの初心者の方にもやりやすいのではないかと思います。

A8で人気なのは、イオンカード、無印良品のMUJIカード、ローソンのポンタカード、ファミマのファミマカードなどです。

もしちょうど、前から「作ろうかな~」と思っていたカードがあれば、ぜひA8を経由してみてくださいね。それだけで数千円キャッシュバックがもらえます。

 

◆クレジットの審査について

クレジットカードは審査があります。

専業主婦の方だと、旦那さんのお仕事について記入することになります。

パート主婦、派遣、正社員の主婦など、収入のある方は、そのお仕事のことを記入します。

私は自営業の主婦(個人事業主)なんですが、収入が少なかったからか、審査に落ちたことがあります^^;(ありゃ)

その後、時間を開けてから、今度は専業主婦として、夫の会社員の方で審査を出したら受かりました。

会社員というのは強いなあ・・と思いました。

ですから、もし主婦の方で、たとえば自営業で収入が少ない方などは、旦那さんが会社員であれば、そちらの情報を出した方が、審査が通りやすいのではないかと思います。

FXのセルフバックで気を付けることは?